開演時間に注意しましょう。開演時間に遅れてしまうと途中入場となってしまい、次の休憩時間まで座席の後ろにあるスペースでの立ち見にされてしまいます。高いチケット代を払ってこれではもったいないですね。なるべく時間に余裕をもって劇場に到着しましょう。

また、大きな荷物は持ち込まないのがマナーです。これは大きな荷物が他のひとの影となり、鑑賞を邪魔するだけでなく、少しの音も出してはいけない雑音の発生源となってしまうためです。事前にクロークなどに預けておきましょう。

もちろん劇場内での撮影や録音は禁止となっています。最近ではSNSなどに何でもアップする風潮がありますが、ここでは厳に慎みましょう。